岡山県の介護・シニア・情報ポータルサイト「介護ん!」

  1. ホーム >
  2. お知らせ >
  3. プレオープンによせて

プレオープンによせて


私もそう思っています

はじめまして。当サイト「介護ん!」運営責任者の井上きよみです。

ここをご覧になられた皆様の第一感想は、きっと

  「えっ? たったこれぽっち?」

でしょう。「岡山県内の介護・シニア・福祉情報の総合情報サイト」と書いた私自身でさえも、今はそう思っているのですから。

プレオープンに踏み切った理由

それでも、私はできるだけ早く、このサイトをオープンさせたいと思いました。
なぜなら、サイトの存在を、そして私たちの活動を、少しでも早く、多くの方々に知っていただきたいからです。

私自身、2年半前まで介護とは全く無縁の生活を東京で送っていました。すでに母は認知症、父は脳梗塞の後遺症で半身が不自由であったにもかかわらず、です。「そのうちに親の介護を」と思いつつも、私にとっての「介護」とは、まだ将来のぼんやりとしたものでした。
それでも、何らかの情報を得ておこうと、何度かネット検索をしましたが、地元の有益な情報を得られることはなく、それがさらに私から介護を遠いものにしていました。

しかし、「その時」は突然やって来ます。
いきなり介護の渦中に放り込まれ、地元岡山県に戻って来たものの、行政の窓口からも知り合いからも思ったほどの情報を得られず、母も私も苦しい思いをしました。
あまりにも「口コミ」に頼る部分が多く、その口コミを運良くキャッチできるかどうかで、その後の生活まで大きく左右されてしまう、と言っても過言ではありません。

−−何で、「私の知りたい」情報が得られないのだろう?

2年以上苦労して、やっとその答えが見つかりました。

−−情報がないなら、自分で集めればいい。
   そして集めた情報を、広く公開すれば、誰かの役にも立つ。

私が知りたいのは、「生きた」「顔の見える」情報です。
そして、それは私だけでなく、多くの介護家族が欲していることもわかりました。

こうして、私たちの小さな小さな試みが始まりました。

今はまだ「たったこれだけ」ですが、いつか、それもできるだけ早く

「この情報が役に立った」

と一人でも多くの方に喜んでいただき、地元岡山県に何かしらの貢献ができるよう、がんばっていきます。

どうして「介護ん!」?

介護とは、やはりある意味、厄介なもの。そして、お金もかかることです。
でも、生きる喜びや命の尊さに触れたり、優しい心が芽生えたりと、いいこともいっぱいあります。

そんな時、ふと、「カネゴン」が頭をよぎりました。
そう、ウルトラQに出てくるコイン怪獣です。
何となく憎めない、ユーモラスな怪獣。

そこから「介護ん!」(「かいごん」と読んでください)を思いついたのです。
介護という厄介を「ん!」でユーモラスで楽しいものに。
そんな風に思えるといいなあ、という私の願いです。

「介護ん!」の近未来像

たった6件のデイサービスセンターと、1件のシニアショップの紹介から始めた「介護ん!」。
岡山県という地域密着にこだわりながら、情報を拡充していきます。
なぜ、地域密着かといえば、施設やモノの選び方・知識は、書籍や他のネット上のサイトからでも得られますが、自分たちが実際に利用する「場」の情報は、あまりにも少ないからです。

まず、この4月末までに岡山市・倉敷市とその周辺部のデイサービスセンターを中心に、50件を掲載する予定です。
その後、老人ホーム、グループホーム、デイケアセンター、小規模多機能センターや訪問系の事業所などを、そしてエリアも県央から県北に拡大していきます。
また、介護やシニアに役立つ生活情報、例えば、介護用品、住宅リフォーム、遺言・相続などの情報も充実させていきます。

私たちが「介護家族」であることを活かし、「もしも家族が」「もしも自分が」という視点を忘れずに、役立つ情報の収集・掲載を続けていきたいと考えております。

皆様からのご意見・アドバイスや、「こんなことが知りたい」「ここがわからない」といったご要望も、どんどんお聞かせください。

「岡山県の介護情報ならココじゃ〜!」と、言っていただけるサイトを目指します。


2010年2月5日(金)
株式会社ハートバード 代表取締役
非営利団体 心の鳥 代表
井上きよみ
岡山県の介護・シニア・情報ポータルサイト「介護ん!」 代表取締役 非営利団体 心の鳥 代表 井上きよみ 

■介護ん!サイト内検索



リンクについて

■介護ん!応援隊

介護ん!の活動を応援して くださっている方々です。 ぜひご訪問ください。